山一電機、太陽光発電パネル市場向け事業を廃止

 山一電機株式会社は、取締役会において、平成24年9月30日をもって、PVソリューション事業を廃止することを決議したと発表しました。

 山一電機は、平成21年4月からPVソリューション事業を展開してきましたが、昨今の世界的な太陽光発電パネル市場の悪化により、製品価格が大幅に下落し採算面での悪化を招いたこと、また、取引先企業の業績悪化による債権回収リスクが増大していることなどから、同事業での売上拡大や収益確保は困難な状況にあると判断し、平成24年9月30日をもってPVソリューション事業を廃止することを決定しました。

 これにより、太陽光発電パネル市場向けジャンクションボックス製品の新規商談は打ち切られ、また、現時点で取引を行っている顧客についても早期終息に向けての調整が進められます。

 なお、PVソリューション事業のコネクタ製品については、太陽光発電・新エネルギー・産業機器向けの防塵・防水・高電圧対応コネクタ製品として、コネクタソリューション事業において継続して販売が行われるとのことです。

このページの先頭へ